胆石症 食事

2012年10月16日

胆石症 食事

胆石症の予防の基本は食事と言うことをご存知ですか?

また、胆石症になってからの痛みは食事に左右されると言ってもいいようです。

ただ、食事に気をつけることで、あの凄まじい痛みをなくすこともできるなんて不思議ですよね。


食事で気をつけることは

・コレステロールや脂質を控える

コレステロールと脂肪は胆石症にはよくありません。脂肪を分解するのに胆嚢から胆汁がたくさんでます。胆嚢の動きによって疝痛発作が起きます。肉類を食べるのなら、魚類を食べましょう。

・規則正しい、食事を心がける

朝食を摂らないなど、不規則になると、胆嚢から出る胆汁も不規則になり、疝痛発作が起きてしまいます。

・ビタミン、食物繊維を多く摂る

ビタミンC、Eは、胆汁酸の排泄を増やしてくれます。食物繊維は、コレステロール値を抑えるのに有効です。


このように、食事療法は予防や、胆石症になってからもとても大切なことです。


※疝痛発作とは・・・結石が胆管に詰まってしまうことで、胆嚢の収縮と一緒に胆管におりるので、ものすごい激痛が走ると言われています。言葉を発することもできなくなる痛さです。


posted by ヘルスピープル at 16:16| 高血圧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。