産後 高血圧

2012年10月16日

産後 高血圧

産後の高血圧に悩む女性は少ないと言われています。


妊娠に伴う、高血圧は、妊娠20週以降に発症しやすくなります。


しかし、この妊娠中の妊娠高血圧症は、通常、出産後に自然と治ってしまいますが、一部の人では、高血圧の状態が続く人もいて、これを、産後高血圧と呼んでいます。


また、妊娠中には、高血圧ではなかった人が、産後に高血圧になる場合も、戦後高血圧と呼んでいます。



女性にとって、出産は一大イベントだと思います。

では、なぜ、産後に高血圧になるのでしょうか?


産後に血圧が上がる原因としては、慣れない育児による睡眠不足、疲れ、ストレスなどが影響している可能性があるようです。


ましてや、初めての子供だと不安になり、不安により一時的に血圧を上げてしまうことがあるようです。



また、妊娠中から高血圧が続いて産後も高血圧の場合は、もともと遺伝的に高血圧の人が多いと言われています。

いずれのケースも産後だから高血圧も仕方ないと受け止めるのではなく、治療を受けることが大切だと思います。




posted by ヘルスピープル at 16:13| 高血圧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。