高血圧 自覚症状

2012年10月11日

高血圧 自覚症状

高血圧は、自覚症状があまり無いといわれています。


サイレントキラーとさえいわれていることもあり、症状が無いのが特徴です。


サイレンキラーとは、沈黙の殺人者と訳されるだけあり、無症状が何十年と続き、その後に、動脈硬化、脳卒中などが発症してしまいます。


自覚症状があまりない中で、高血圧の基礎知識を学ぶことで、体に少しの異常や違和感などを感じたらすぐに受診することで高血圧に気付くと思いますので覚えておきましょう。


初期段階では、頭痛、めまい、耳鳴りなどの症状がでます。進行が進んでいる場合は、動悸、むくみ、足の痺れ、足の痛みなどの症状が現れてくるようです。



しかし、このような症状を感じるころには要注意な状態になっているので注意が必要です。


サイレントキラーといわれるだけあり、近年、高血圧の患者さんは増加しており、推定800万人以上の患者さんがいるとも言われています。



生活習慣病としても有名な糖尿病よりも怖い病気であるという結果もでているのです。高血圧の気付きにくい初期症状を感じて早期発見することが大切だと思います。


posted by ヘルスピープル at 09:04| 高血圧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。