高血圧 鼻血

2012年09月26日

高血圧 鼻血

高血圧により鼻血が出やすくなります。この場合は、他の鼻血とは違うものになります。高血圧の方は、鼻に限らず、どこでも出血しやすいのが特徴です。



なぜ、高血圧で鼻血が出るかというと、高血圧により、動脈の血管に圧力がかかっているので、血管も傷ついてしまいます。

鼻の毛細血管は、もともと破れやすいので、この圧力に耐え切れず突然鼻血がでるのです。これが、鼻血のでる仕組みになります。


※ここでいう高血圧とは、最高血圧140以上、最低血圧90以上のことを言います。



傷ついた血管は修復の際に、動脈硬化の原因にもなるので、注意が必要です。繰り返し鼻血が出たり、大量に出血したり、頭痛も一緒に発症する場合は、早めに医師に相談しましょう。



ここで、豆知識ですが、出血した場合、血の症状も見ることが大切です。鮮血の場合は、動脈性出血の可能性もあり、出血が止まらなくなってしまう可能性もあります。


高血圧の方は、たかが鼻血と油断せずにいることが大切なのですね。
posted by ヘルスピープル at 14:43| 高血圧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。