血栓 病気

2012年09月24日

血栓 病気

血栓が原因で起こる病気どのようなものがあるのでしょう。



まず、「血栓」とは、よく耳にする言葉だと思うのですが、どのようなものでしょうか?


血栓とは、簡単に言うと血の塊のことです。

体中を流れる血管内で血液の停滞、凝固などがあった場合、その箇所において、血液が固まって凝固物ができるのです。これこそが血栓です。


その血栓が血管を閉塞すると、その先から血液の流れが止まり、臓器に異常を起こします。この状態を血栓症といい、血液の流れが止まったことにより、その場所の組織が死滅することを梗塞といいます。


この血栓が原因で、臓器に異常を起こし、病気を引き起こします。


血栓が起こる場所によって、病気も変わってきます。

血栓が脳を塞ぐと脳梗塞。肺動脈に詰まると肺動脈血栓塞栓症(エコノミークラス症候群)心臓の冠動脈に詰まると、狭心症、心筋梗塞を引き起こすのです。



このように、血栓ができ詰まる場所によって病気も変わってくるなんて不思議ですよね。


いかに、血栓を作らないように予防することが大切かわかります。


posted by ヘルスピープル at 14:00| 高血圧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。