動脈硬化 高血圧

2012年09月24日

動脈硬化 高血圧

高血圧の場合、動脈硬化になるリスクが高いのをご存知でしょうか?


まず、動脈硬化とは、字のとおり動脈にコレステロールや中性脂肪などが溜まって、詰まったり、硬くなったりして、弾力性や柔軟性を失った状態を言います。

動脈硬化になると、血流がスムーズに流れなくなります。血流がうまく流れなくなるということは、必然的に血圧も上がってしまいます。



動脈硬化は、死に至ることもある怖い病気です。動脈硬化があると、高血圧になりやすく、高血圧があると、動脈硬化になりやすいとお互いに深い関係があります。



しかし、動脈硬化は、年齢を重ねることになりやすく、ある種の老化現象とも言えるのではないでしょうか?人間は年を重ねるごとに、体も老化が始まるのです。



普段から足の痛みがある人は、注意が必要です。なぜなら、動脈硬化の進行は、足の痛みとして多く現れることが多いからです。また、ストレスがある人、喫煙をする人、運動不足の人、足に痺れがある人も要注意です。



このような症状がある人は、動脈硬化の可能性があるので、早急に受診することをオススメします。
posted by ヘルスピープル at 13:55| 高血圧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。