高血圧 女性

2012年09月18日

高血圧 女性

女性と高血圧、実は深い関係があるのをご存知ですか?

一般的に男性よりも血圧が低く、あまり高血圧が問題になることは無いのです。確かに若
年の女性で血圧に問題を抱えている人は少ないと思います。

男性と女性、高血圧の頻度を比べてみると、30代〜40代は圧倒的に男性のほうが多いのですが、50代以降から女性も増えはじめ、70代以降では、男女ほぼ同じくらいになっています。


それでは、なぜ女性は50代以降から増え続けるのでしょう?それは、閉経によりホルモンバランスが崩れるからです。閉経前後は、高血圧になりやすいので注意が必要です。


また、女性は、妊娠中にも血圧が上がりやすくなります。妊娠中は、ホルモンバランスが変わりやすく、肥満にもなりやすいため気をつけることが大切です。


高血圧が進むと、妊娠中毒症になりやすく、太り過ぎないように食事制限をしなければなりません。

妊娠中は、高血圧になっても、降圧薬を使用するのは難しく、赤ちゃんの安全性を考え、使用する薬も限られてくるのです。



このように、女性は、ホルモンバランスにより血圧が上がりやすくなるのです。
posted by ヘルスピープル at 09:45| 高血圧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。