高血圧 酢

2012年09月15日

高血圧 酢

酢には、高血圧を改善する効果があります。お酢は、体によいものと言われていますよね。


酢には、血圧を下げる作用があるからです。血圧を下げる仕組みは、アデノシンという成分によるものです。


酢を体内に摂取すると、酢酸が細胞に取り込みます。

すると「アデノシン」という物質が出てきます。


このアデノシンは、血管の壁に作用し、その結果、血管が拡張します。拡張するということは、血流の流れもよくなり、圧がなくなるので、血圧も下がるというわけです。


また、血圧を下げるには、一時的に酢を取り入れるのではなく、継続的に摂ることが、血圧の改善に繋がるのです。血圧の安定を図るには、毎日こまめにお酢を摂取することです。


気になる一日の摂取量ですが、大さじ一杯でいいので、これなら毎日摂ることができるのではないでしょうか?

また、酢は高血圧だけに効果があるのではなく、コレステロールを下げることにも効果があります。お酢は血圧を正常化するだけでなく、ダイエットにも効果があるのですね。



毎日、こまめにお酢を摂り、体内をコントロールしましょう!!
posted by ヘルスピープル at 09:54| 高血圧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。