高血圧 食事

2012年09月15日

高血圧 食事

高血圧の患者さんが何より気をつけたいこと、それは食事です。


運動とあわせて、食事の管理をちゃんと行えば、軽症の人ならば、薬療法が必要なくなるとも言われているほど、食事は大切です。

食事の管理で大切なのは、食塩を摂り過ぎないことです。食塩を摂りすぎると血圧は上昇します
。日本高血圧学会が推奨する摂取量は、1日に6g未満に抑えることと言われていますが、加工食品等を摂取する現代人には難しいこととも言われています。食塩の摂取を減らす為に以下の事に気をつけましょう。
  


・食塩を多く含む加工食品は控えましょう。(干し物、漬物、佃煮、肉加工食品)

・麺類のつゆは、飲まないようにしましょう。

・醤油、ソースなどの調味料は、使いすぎないようにしましょう。




また、高血圧の人に効果的な栄養素もあるので積極的に摂りいれましょう!


カリウム・・・ナトリウム(食塩)を排出してくれます。にんじん、などの緑黄色野菜に多く含まれています。

マグネシウム・・・血管を広げ、血圧をさげてくれます。海藻、ごま、ほうれん草、ごぼうに多く含まれています。

たんぱく質・・・血管を丈夫にしてくれます。



このような栄養素が含まれている食品を毎日の食事に摂りいれましょう。いろんな食品をバランスよく食べることが大切ですね。
posted by ヘルスピープル at 09:34| 高血圧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。