高血圧 玉ねぎ

2012年09月05日

高血圧 玉ねぎ

高血圧に効く食べ物に『玉ねぎ』があるのを知っていますか?



玉ねぎには、硫化プロピルという成分が含まれています。この硫化プロピルは、あの玉ねぎのニオイの元となっています。


硫化プロピルを過熱すると、トリスルフィドやセパエンという成分に変わります。この成
分こそが血圧を下げる働きがあるのです。また、コレステロールや中性脂肪を低下させる働きもあります。


また、玉ねぎの皮にも血圧を下げる効果もあるようなので、いつも捨てている薄茶色の皮も捨てるべきではないのですね。
この皮にはクエルセチンという成分があり、血管の柔軟性を高める働きがあるのです。

だからといって、皮をそのまま食べることはできませんので、煎じて飲んだり、玉ねぎの皮の製品も売っていますので活用しているのも手かと思います。



毎日、玉ねぎを食べたり、玉ねぎの皮茶を飲んでいたりしていた人が血圧が正常に戻ったという報告もあるのです。


玉ねぎには、高血圧を下げる作用の他、肥満を予防したりとさまざまな作用があります。


高血圧の人は、毎日摂りたい食品ですね!
posted by ヘルスピープル at 09:52| 高血圧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。