肺高血圧症

2012年01月22日

肺高血圧症

血圧が下がった本当の理由はこれぴかぴか(新しい)
血圧が下がった本当の理由はこれぴかぴか(新しい)

肺高血圧という病気を知っていますか??
肺にかかる血圧が高くなる症状を肺高血圧と呼びます。

肺高血圧症について詳しくみてみましょう。

肺高血圧症とは?

肺高血圧症とは、心臓から肺に血液を送る血管の内腔が狭くなり、血液が通りにくくなることによって、肺動脈の血圧が高くなる病気のことを言います。

肺動脈血圧症の血圧

肺動脈の血圧は、正常では15mmHgほどで、25mmHg以上となった状態を「肺高血圧症」と呼びます。

肺高血圧症になると、心臓から肺動脈に血液を送る右心室の機能が低下して、右心不全を引き起こします。

肺高血圧症の初期症状は無症状であることが多いため、症状が現れてきた時には重度の肺高血圧症に進行していることがあしります。

そのため、肺高血圧症においては、早期発見が非常に重要になってきます。

肺血圧症の症状

肺高血圧症になると、具体的にどのような症状が現れてくるのかみてみましょう。

肺高血圧症の症状
・息切れ
・胸痛
・めまい
・突然の失神


これらの症状がみられた場合は、肺高血圧症になっている可能性があります。

早急に医師の診察と治療が必要となります。

肺高血圧症の治療法

肺高血圧症は、老若男女問わず発症します。
肺高血圧症を発症する患者数は少なく、以前は肺高血圧症は完治する治療法のない難病と言われていました。

しかし、近頃では様々な研究の結果、肺血管を拡張させる新しい治療薬が開発され、肺高血圧症が治ったという症例も多く出てきています。

血圧が下がった本当の理由はこれぴかぴか(新しい)
血圧が下がった本当の理由はこれぴかぴか(新しい)
posted by ヘルスピープル at 15:32| 高血圧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。