小児高血圧

2012年06月15日

小児高血圧

血圧が下がった本当の理由はこれぴかぴか(新しい)
血圧が下がった本当の理由はこれぴかぴか(新しい)

小児高血圧

子供でも高血圧になることはあるの?

なんてお子さんのいる家庭は特に心配になりますよね?

小児高血圧というものは確かにあります。

小児高血圧の基準はこちらです。

・乳児 120/70
・小学低 130/80
・小学高 135/80
・中学男 140/85
・中学女 135/80
・高校 140/85


となっています。

ほとんどの場合が二次性の高血圧で、本態性高血圧の場合はわずかです。

二次性の場合は腎臓に関係した疾患から起こる場合がほとんどです。

ですが、高血圧はやはり高血圧で、小児高血圧であってもリスクはあります。

心不全や脳疾患の可能性が高くなるので、重度の場合は治療が必要になります。

ただ、ほとんどの場合は軽度で治療の必要がない場合がほとんどです。

ですが、食生活が乱れがちな現代、ファーストフードやスナック菓子など、高カロリーで塩分が高いものばかり食べていると、子供でも生活習慣病になってしまいます

習い事や塾など、忙しい現代の子供たちは昔に比べてストレスが多いです。

そのため、大人の病気だったものが、子供たちにも起こるようになってしまいました。

そういった子たちは、生活習慣の改善は必要になります。

高血圧だけでなく、肥満なども症状がある子にはジョギングやウォーキングなどの運動療法と、低カロリーなバランスのとれた食事で食事療法、睡眠時間の足りない子もしっかり休養できるようにするなど、普段の生活の改善が必要になります。

血圧が下がった本当の理由はこれぴかぴか(新しい)
血圧が下がった本当の理由はこれぴかぴか(新しい)
posted by ヘルスピープル at 13:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。