白衣高血圧

2012年03月29日

白衣高血圧

血圧が下がった本当の理由はこれぴかぴか(新しい)
血圧が下がった本当の理由はこれぴかぴか(新しい)

白衣高血圧(はくいこうけつあつ)は、病院の診察室などで普段よりも高い血圧が計測される現象をいう。

これは、緊張などから医療機関で血圧を測るとどうしても血圧が高くなってしまうという現象です。

家で血圧を計っても全然高いわけでもないのに、病院へ行って看護士を見る、医師を見るといった途端に緊張して、血圧が上がるという人がいます。これが白衣高血圧です。

まずは、この血圧が白衣高血圧だということを証明しないといけないので、日常的な血圧をしっかりはかっていくことが大事です。

ただ、改善方法として薬で抑えたりすることが出来ません。

そこで、大切なのが、日常的に緊張や気を張るようなことが少なくなるように慣れることが大事なのです。

緊張しないためにはどうしたらいいか。

緊張(きんちょう)とは、体や心が張り詰めた状態にあること。

心理学では、これから物事が起きることに対して待ち受けている心の状態のことを指す。

生理学においては、筋肉の収縮運動のことを指す。

とのことなのですが、緊張しないようにって思うと余計に緊張しませんか?

まずは、緊張をすることを受け入れるといいみたいです!

緊張しないための方法は「自分は緊張している」と受け入れることです。

もしもスピーチなどで緊張したら、その瞬間に、どうしようと無理に緊張を抑えようとすると逆にどんどん緊張してしまいます。

俺は今緊張していると受け入れると緊張を楽しめるようになります。

血圧が下がった本当の理由はこれぴかぴか(新しい)
血圧が下がった本当の理由はこれぴかぴか(新しい)
posted by ヘルスピープル at 00:00| 高血圧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。