仮面高血圧

2012年05月26日

仮面高血圧

血圧が下がった本当の理由はこれぴかぴか(新しい)
血圧が下がった本当の理由はこれぴかぴか(新しい)

仮面高血圧って知っていますか?

仮面高血圧とは、診察室で測る血圧が普段の血圧より低くなる病態で、診察室では正常なので 、「正常血圧という仮面をつけた高血圧」という意味で、仮面高血圧と呼ばれています。

これは、気づきにくい高血圧が余計に気づきにくくなってしまうので、とてもリスクが高いのです。

可能性が高くなってしまう人はこんな方たちです。

もしかして自分?って思われる方は一度高血圧専門病院で診断してもらってもいいかもしれません。

ヘビースモーカーの方。
タバコを吸うと血圧が上昇しますが、医療機関では喫煙できない場合が多いため、普段より血圧が下がっている可能性があります。

仕事に追われている方、ストレスの多い方。
診察を待っている間に、仕事やストレスから開放され、リラックスして普段より血圧が下がることがあります。
忙しすぎることも心臓や脳に負担がかかっているかもしれませんよ?

心肥大や腎障害のある方。
心肥大や腎障害(たんぱく尿)があると指摘されているものの、診察室で測っても特に血圧が高くないという場合には、仮面高血圧の可能性があります。
このような方は病院に行く事も多いでしょうから、一度先生に聞いてみてもいいですね!

降圧薬の効果が持続していない方。
高血圧の患者さんで既に降圧薬を服用しているにもかかわらず、薬の効果が持続していないことがあります。朝、服用し、外来受診時には正常血圧となっているものの夜間から翌朝にかけて血圧が再上昇してしまうことがあります。

もし仮面高血圧になってしまったら、血圧をしっかり管理する必要があります。
特に、夜にずっと高血圧が続く方は危険です。
しっかり持続する薬をもらって安静にしましょう。

血圧が下がった本当の理由はこれぴかぴか(新しい)
血圧が下がった本当の理由はこれぴかぴか(新しい)
posted by ヘルスピープル at 00:00| 高血圧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。