塩分 高血圧

2012年05月25日

塩分 高血圧

血圧が下がった本当の理由はこれぴかぴか(新しい)
血圧が下がった本当の理由はこれぴかぴか(新しい)

日本人は塩分を取りすぎる傾向があり、そのため高血圧の方が多いと言われています。

日本の平均で12グラムといわれているのですが、欧米では5〜7グラムなので、倍の量摂取していることになります。

厚生労働省では10g以下を目標としていますが、できれば欧米並みが理想的です。

そこで、どうすれば塩分を控えられるのか。

日ごろ気にかけて欲しいことを書いて行きます。

1.ハーブを活用する
タイム、バジル、オレガノなどを使い香りを高める。フレッシュでもドライでもOK。炒め物、煮物、オーブン焼きなどで一緒に調理するなど、幅広く活用できる。

2.スパイスを活用する
パプリカ、クミン、カイエンペッパー、チリペッパーなどで味に深みを与える。肉にもみこんで味をつけたり、シチューやスープに加えたりと、組み合わせと使い方は無限大。

3.酸味を活用する
レモン、ライム、かぼす、すだち、ゆずなどで酸味を足す。新鮮なものを切って仕上げに振り掛けるだけで、手軽に使える。

4.香味野菜を活用する
ねぎ、パセリ、しそ、香菜、にんにく、生姜などで塩分の代わりに味にアクセントをつける。特に、中華・エスニックなどでは多用可能。ねぎ、しそ、香菜など緑のものは飾りにもなり、見た目もおいしくなる。

5.ナッツ・シード類を活用する
ローストしたピーナッツ、ゴマ、くるみなどを使い、香ばしさを足す。サラダ、パスタ、肉料理などに加えるだけで風味が増す。

6.お酒を利用する
日本酒、紹興酒、ワイン、リカー、ビールなどを使い味に深みを出す。素材を炒めた後に、塩の代わりにさっと振りかけるだけ大人の味を楽しめる。

7.食卓にペッパーミルを活用する
食卓に準備して、何か少し足りないという時には、食塩ではなくペッパーミル。フレッシュな挽きたての胡椒の香りでも満足感が得られる。

血圧が下がった本当の理由はこれぴかぴか(新しい)
血圧が下がった本当の理由はこれぴかぴか(新しい)
posted by ヘルスピープル at 05:27| 高血圧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。