早期高血圧

2012年05月10日

早期高血圧

血圧が下がった本当の理由はこれぴかぴか(新しい)
血圧が下がった本当の理由はこれぴかぴか(新しい)

早期高血圧を知っていますか??

これは、実はちょっと怖いリスクがある高血圧なんです。

少し説明させていただきますね!

血圧は昼は高くなって、夜は低くなるというのが正常なのですが、早期高血圧になると、朝血圧が高くなってしまうのです。

その早期高血圧にも種類がありまして、夜にあまり血圧が下がらないままなだらかに血圧が上がっていく”ノンディパー型”と、朝急激に血圧が上がるという”ディパー型があります。

ノンディパー型の早朝高血圧の原因として糖尿病・心不全・腎臓障害・自律神経障害・睡眠時無呼吸症などが挙げられます。

早朝高血圧は加齢とともに、ノンディパー型が増加してリスクが高くなります。

早期高血圧のリスクとして上げられるもので、とても危険なのが、脳卒中などのリスクが高くなることです。

睡眠中は水分補給ができないため早朝の血液は固まりやすくなっています

そこで血圧が上がってしまうと、とても危険ですよね。

特に、寒い時期は特に血圧の上下が激しいので、危険度が増します。

高血圧を患っている方の中で、早期高血圧とも見られる方は全体の半分とも言われており、かなり多いことがわかります。

高血圧だけですと、薬でコントロールできているのですが、早期高血圧までコントロールできていない場合もあります。

早期高血圧と言われた方は、起床してから10分くらい安静にしてからゆっくりと起き上がるなどして、急激に朝動くことのないように気をつけましょう。

血圧が下がった本当の理由はこれぴかぴか(新しい)
血圧が下がった本当の理由はこれぴかぴか(新しい)
posted by ヘルスピープル at 00:00| 高血圧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。