血圧の測り方

2012年04月20日

血圧の測り方

血圧が下がった本当の理由はこれぴかぴか(新しい)
血圧が下がった本当の理由はこれぴかぴか(新しい)

血圧の測り方

血圧の変化で健康状態の良し悪しなど多くの情報を得ることができますが、その時、その場だけで血圧を測るだけではあまり意味がありません。

日々の体調と正しい血圧を計測しその変化を見ることで自身の体調の変化がわかってくるものです。

正しい血圧の測り方、その原則として測定する一時間ほどは安静にする必要があります。

血圧というのは常に一定というわけではなく、運動や入浴、食事でなどでも血圧は変化します

なので、平均的な血圧を測定するために、幾つかの点に注意する事が必要になります。

測定前、一時間前後は安静をこころがけましょう。

*実際血圧を測る場合は椅子などに座り上腕の血圧を測定するものが多くなるかと思います。
これ以外にも、腕まくりをせず、手首に巻いて測定するタイプの血圧計もありますが、これで図る場合は、血圧を測る位置を心臓の高さで固定するようにしましょう。

毎日測る血圧は同じ時間に測るようにします。
血圧は時間によって変化することもあり、同じ時間に測らないと変化がつけにくくなるのです。
血圧が高めの人は、正確な血圧を知る事が大切になりますので、毎日、同じ時間に測定するようにしましょう。

*ちゃんとした血圧計を用意する事が大切です。

手首用は携帯などしやすいため便利に思われますが、多少の誤差が生じやすいため上腕のほうで測る血圧計をお勧めします。

私の母は、最初、手首用の血圧計で毎日測定していたのですが、3回測ると、3回とも値が大きく違いました。
たらーっ(汗)

私も測定していましたが、やはり3回とも値がバラバラで、測定値の信ぴょう性に欠け、結局、新しい血圧計(上腕で測るタイプのもの)に変えました。失恋

なので、ちゃんとした血圧計を用意する事が大切になります。

毎回、測定値が違うと、結構イライラして、逆に血圧が上がってしまいかねません。。。たらーっ(汗)

そのため、医師によっては、

「血圧は測らない方が良い」

という人もいるようです。

なんとなく納得しましたひらめき

しかし、血圧が高めの人は、自分の健康管理の一環として、正しい血圧を知っておく事も大切なので、もし、可能なら、正確に測定できる血圧計を1つ用意して、自分の血圧を管理する事が大切かなって私は思います。

血圧が下がった本当の理由はこれぴかぴか(新しい)
血圧が下がった本当の理由はこれぴかぴか(新しい)
posted by ヘルスピープル at 22:11| 高血圧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。