2012年09月28日

脳卒中 後遺症

脳卒中で一番恐ろしいこと、それは発症後になんらかの後遺症が残ることです。


後遺症を克服する為には、患者さんを含め、周囲の人が前向きに頑張ることではないでしょうか。


それでは、後遺症はどのようなものがあるのか症状を知っていきましょう。

片マヒ、言語障害、視覚障害、感覚障害、情緒障害、失認、失行などがあります。

片マヒは、運動中枢や神経線維が傷害されて、片方の手足に麻痺が起こることです。左の運動中枢が傷害されると、右半身に麻痺が起き、右の運動中枢が傷害されると、左半身に麻痺が起きます。

言語障害は、脳の障害を受けた場所によって、症状が違います。視覚障害は、視野の片側半分が見えにくくなります。これを「半盲」といいます。

感覚障害は、麻痺のある手足がしびれることにより、痛み、熱さ、冷たさ、圧迫感を感じなくなるので、怪我をしやすくなります。

情緒障害は、やる気がなくなったり、落ち込んだりと、マイナス思考になってしまいます。実は、これも障害になるのです。


失認は、自分から見て片側半分の空間が認識できなくなり、この結果、片側のものを無視してしまいます。

失行は、日常生活において、ある行為ができなくなります。たとえば、服をきることなどあたりまえのことが難しくなります。このように、後遺症は様々あります。後遺症はリハビリを根気よく続けることで回復につながります。
posted by ヘルスピープル at 15:35| 高血圧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高血圧 若年

高血圧というと、年を重ねた中年から発症しやすいといわれていますが、最近では、若い人でも高血圧に悩んでいる方が多いと言われています。



これを「若年性高血圧」と呼びます。35歳以下であるのに、最高血圧が140mmHg以上、最低血圧が90mmHg以上である人を呼びます。



しかし、この若年性高血圧は、自覚症状がないのが特徴なので、気づかないこともあるようです。



なぜ、若い人に増えてきているのかというと、現代の10代〜20代は、精神的ストレスが多い環境で、それに伴い、運動不足、食生活の変化によるものです。



また、若年性高血圧の人の注意点は、急速に症状が進行してしまうことです。この場合、命に関わるほど悪くなることがあるようなのです。


こうならないためにも、若いからと油断せず、定期的な健康診断を行ったり、運動不足にならいないようにしたり、食事にも気をつけ、禁煙禁酒を心がけることが必要です。



若いからと言って油断していると痛い目にあってしまうのではないでしょうか
posted by ヘルスピープル at 15:34| 高血圧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月26日

脳卒中 原因

脳卒中とは、脳梗塞、脳出血、くも膜下出血といった脳内で起きる脳血管障害のことです。



脳卒中と一言で言っても、いろいろと種類があります。脳梗塞とは、脳の血管が詰まったことで、脳出血は、脳の血管が破れること、くも膜下出血は、脳にできた瘤が破れてくも膜下腔から出血することです。



このように、脳血管の一部が壊死する障害で、脳の働きに支障が出るのです。



この脳卒中の原因については、脳梗塞、脳出血、くも膜下出血それぞれと細かな原因は違ってきますが、元の原因は、高血圧です。



高血圧により、血管がもろく、硬くなってしまうと、血管が破れやすくなります。
これが脳出血の原因です。


また、高血圧により動脈硬化になってしまうと、動脈の血管が厚く、硬くなってしまい、血管が流れる空間がなくなってしまいます。
これが脳梗塞です。


このように、高血圧により脳卒中を引き起こしてしまう結果になります。脳卒中は、寝たきりになったり、最悪の場合は死亡してしまう怖い病気ですので、日頃から血圧には気をつけましょう。

posted by ヘルスピープル at 14:46| 高血圧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

糖尿病 しびれ

糖尿病の患者さんの症状に足のしびれが起こることがよくあります。ただ、糖尿病の患者さん全員に起こる症状ではないのですが、これは、糖尿病の末梢神経障害のことです。


では、なぜ末梢神経障害が起きるのでしょうか?



それは、高血糖が続くことにより、直接神経が変形したり、神経を栄養とする毛細血管の血流障害によるものといわれていますが、現段階では、はっきりと原因がわかっていません。




いずれにせよ、しびれの症状がでたら、早急に血糖コントロールをすることがあげられています。食事療法とインスリン分泌を促す薬を使用したりします。



また、各自でも、足の感覚がないので火傷に気をつけたり、禁煙する、手足のマッサージを行ったりすることで、徐々に回復が見られてくるようですが、一度、ある程度進行してしまったしびれの症状は、治療が効かず困難になるようです。




しびれは、糖尿病の中でも、最も早くでる症状と言われています。しびれを感じたら、放っておかず受診する事が早期発見に繋がるのではないでしょうか?

posted by ヘルスピープル at 14:44| 高血圧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高血圧 鼻血

高血圧により鼻血が出やすくなります。この場合は、他の鼻血とは違うものになります。高血圧の方は、鼻に限らず、どこでも出血しやすいのが特徴です。



なぜ、高血圧で鼻血が出るかというと、高血圧により、動脈の血管に圧力がかかっているので、血管も傷ついてしまいます。

鼻の毛細血管は、もともと破れやすいので、この圧力に耐え切れず突然鼻血がでるのです。これが、鼻血のでる仕組みになります。


※ここでいう高血圧とは、最高血圧140以上、最低血圧90以上のことを言います。



傷ついた血管は修復の際に、動脈硬化の原因にもなるので、注意が必要です。繰り返し鼻血が出たり、大量に出血したり、頭痛も一緒に発症する場合は、早めに医師に相談しましょう。



ここで、豆知識ですが、出血した場合、血の症状も見ることが大切です。鮮血の場合は、動脈性出血の可能性もあり、出血が止まらなくなってしまう可能性もあります。


高血圧の方は、たかが鼻血と油断せずにいることが大切なのですね。
posted by ヘルスピープル at 14:43| 高血圧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

更年期 高血圧

若い頃は、血圧を気にしたことのない女性が、更年期になると、高血圧になり悩むというケースが多いようです。



その原因として、女性ホルモンの減少があげられます。

更年期を迎えると、女性ホルモンのエストロゲンの分泌が減ってきます。

このエストロゲンは、自律神経を安定する働きがあるので、その結果、自律神経が不安定になり、血圧も不安定になります。閉経により、体が落ち着いてくると、血圧も落ち着いてくることが多いようですが、一部の女性には高血圧が続くということもあるようなので治療が必要です。



また、更年期を迎える40歳以降は、様々な障害が増えてきます。まず、40代という年齢から、過度のストレスを溜めやすくなり、ストレスにより自律神経が乱れ、高血圧を招くことになります。


このほか、40代になる頃には、運動不足、脂質の摂り過ぎ等によりコレステロールが上がって血液がドロドロになっています。このドロドロ血液により、血圧が高くなるという悪循環に陥ります。


更年期を迎える頃の女性は、高血圧になる環境がそろっていますので、若いうちから気をつけることで、更年期障害を乗り越えられるのではないかと思います。

posted by ヘルスピープル at 14:42| 高血圧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月24日

糖尿病 尿

糖尿病の検査で尿を検査する尿糖検査というものがあります。この他にも、血液を採取して検査したりします。


これは、尿の中のブドウ糖(尿糖)を見つける検査です。

この尿糖検査は食後二時間の尿を採って調べます。なぜ二時間かというと、糖尿病の患者さんは、二時間経っても、血糖値が下がらないからです。

また、この検査は、尿に試験紙を浸して調べます。この方法を尿糖試験紙法といいます。


また、上記の検査よりも確実に糖尿病かどうか調べる時は、空腹時の血糖値を測定します。

一般の人ですと血糖値は70〜100mg/dlと言われています。糖尿病の患者さんの場合は空腹時でも126mg/dl以上あるのです。


検査の結果、糖尿病の可能性があってもだからといって必ずしも糖尿病とは限らないようです。

確かに糖尿病の患者さんは尿に糖がでやすいのですが、先天性の遺伝的素因を持っている人も検査結果が陽性とでてしまうのです。また、糖尿病の患者さんでも陽性の結果がでないこともあるようです。



このように、医師のもとで確実な検査を診断してもらうことが必要なのです。

posted by ヘルスピープル at 14:08| 高血圧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

糖尿病 初期症状

糖尿病とは、生活習慣病としてもよく知られていますよね。過食や運動不足が主な原因と言われています。



年々、糖尿病患者が増え続け、40歳以上の10人に1人は、糖尿病と言われるようになりました。糖尿病の合併症をもつ患者の寿命は、平均寿命の70%とも言われています。



糖尿病は、進行すると合併症を引き起こす怖い病気であまり自覚症状がないとも言われています。合併症を引き起こす前に、どのような初期症状があるか知っておきましょう!



血糖値が高い状態が続くと、のどが渇く、尿の量が増える、疲労感、怠慢感が増すなどの症状が現れてきます。


やたらとトイレに行く回数が増えたら、要注意だと言えます。また、自覚症状は、初期症状ではないのです。

症状が出るころには、糖尿病も進行しているのです。


また、合併症については、糖尿病を発症してから5年〜10年後に現れ始めるようです。ですので、気づいたときには、糖尿病が進行していて、治療を本格的に始めなければならないのです。



このようなことから、定期的に健康診断を行うことが予防に繋がります。
posted by ヘルスピープル at 14:06| 高血圧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

血栓 原因

血栓ができる原因について知っておきましょう。


もともと、血栓は、血管が傷ついたり、破れたりしたときに、そこを修復してくれるのでとても必要なものです。


まず、血管が血圧の影響や異物などでドロドロ血液により、傷をうけ出血します。

すると、血小板が負傷した部分に集まります。血小板は止血の役割をします。

しかし、血小板だけでは止血するのに不十分なので、フィブリンという線維素が傷ついた箇所を完全に止血するのです。これが血栓です。


フィブリンは、破れた血管を修復します。

しかし、このままでは、血栓がついたままで血液の流れが悪くなるので血栓を溶かす働きをします。この血栓を溶かすものは、プラスミンです。

この流れを日々行っているなんて驚きです。


しかし、現代の食生活や生活習慣によりコレステロールや脂肪が多くなり、この血栓を溶かす働きが弱くなっているのです。

要するに、血栓ができやすく、溶けにくい体になっているのです。

ですので、血栓により起こる病気は年々増え続け、死亡原因にもなっているのです。実は、癌よりも怖い病気、それは、血栓症なのです。

posted by ヘルスピープル at 14:05| 高血圧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

血栓 予防

血栓により起こる病気が年々増え続けています。


それは、食生活の変化、生活主観の変化によるものですが、では、血栓を予防するにはどうしたらよいのでしょうか?


血栓を引き起こす血液は、ドロドロしています。そのせいで、高血圧、動脈硬化が起きやすくなります。もちろん、血栓ができやすく、脳梗塞、心筋梗塞が発症しやすくなります。


ドロドロの血液をサラサラにすることで、血栓を防止することができます。


血液をサラサラにするには、以下のことに気をつけましょう。

・脂肪の採りすぎに気をつける。
肉ばかり食べるのではなく、魚を食べましょう。さんま、あじ、鮭、ぶり、まぐろなどがオススメです。

・コレステロールの多いものは控える。
  卵、いくら、うなぎ、レバー。卵は一日一個にしましょう。
・一日に20gから30gの食物繊維を摂りましょう。

・規則正しい生活をする。(早寝、早起き)

・定期的に運動するように心がけましょう。

・ストレスを溜めない。

このように、規則正しい生活、食事が血栓予防に繋がります。

当たり前のことですが、当たり前のことができなくなってきている現代社会において、自分の健康は自分でコントロールし、予防していくことが必要です。

posted by ヘルスピープル at 14:02| 高血圧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

血栓 病気

血栓が原因で起こる病気どのようなものがあるのでしょう。



まず、「血栓」とは、よく耳にする言葉だと思うのですが、どのようなものでしょうか?


血栓とは、簡単に言うと血の塊のことです。

体中を流れる血管内で血液の停滞、凝固などがあった場合、その箇所において、血液が固まって凝固物ができるのです。これこそが血栓です。


その血栓が血管を閉塞すると、その先から血液の流れが止まり、臓器に異常を起こします。この状態を血栓症といい、血液の流れが止まったことにより、その場所の組織が死滅することを梗塞といいます。


この血栓が原因で、臓器に異常を起こし、病気を引き起こします。


血栓が起こる場所によって、病気も変わってきます。

血栓が脳を塞ぐと脳梗塞。肺動脈に詰まると肺動脈血栓塞栓症(エコノミークラス症候群)心臓の冠動脈に詰まると、狭心症、心筋梗塞を引き起こすのです。



このように、血栓ができ詰まる場所によって病気も変わってくるなんて不思議ですよね。


いかに、血栓を作らないように予防することが大切かわかります。


posted by ヘルスピープル at 14:00| 高血圧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

胆石 原因

胆石の原因は、結石の種類によって違ってきます。



まず、胆石が出来てしまう主な原因としてあげられるのは食事です。日本人も食の欧米化が進み、高脂質、高カロリーなものが増えてきました。


胆石は、「コレステロール胆石」「色素胆石」の大きく分けて二種類あります。胆石患者の多くは、コレステロール胆石だと言われています。

コレステロール胆石とは、名のとおり、コレステロールを主成分とした胆石のことで胆嚢に多く出ます。

肝臓は、胆汁酸とコレステロールを原料にして胆汁を作ります。コレステロールが増えると、飽和状態になってしまいます。


そして、その溶けきれないコレステロールが結晶化して核になり、これがどんどん大きくなり胆石となります。これが、コレステロール胆石のできる原因です。


色素胆石は、ビリルビンカルシウム石と黒色石があり、ビリルビンカルシウム石は、細菌感染が原因で、黒色石は、胃の手術後や肝硬変などの手術後にできるようですが、その原因は明らかにされていません。



このように、胆石の原因は様々ですが、いかにちゃんと予防して胆石を引き起こす原因をなくしましょう。
posted by ヘルスピープル at 13:58| 高血圧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

動脈硬化 高血圧

高血圧の場合、動脈硬化になるリスクが高いのをご存知でしょうか?


まず、動脈硬化とは、字のとおり動脈にコレステロールや中性脂肪などが溜まって、詰まったり、硬くなったりして、弾力性や柔軟性を失った状態を言います。

動脈硬化になると、血流がスムーズに流れなくなります。血流がうまく流れなくなるということは、必然的に血圧も上がってしまいます。



動脈硬化は、死に至ることもある怖い病気です。動脈硬化があると、高血圧になりやすく、高血圧があると、動脈硬化になりやすいとお互いに深い関係があります。



しかし、動脈硬化は、年齢を重ねることになりやすく、ある種の老化現象とも言えるのではないでしょうか?人間は年を重ねるごとに、体も老化が始まるのです。



普段から足の痛みがある人は、注意が必要です。なぜなら、動脈硬化の進行は、足の痛みとして多く現れることが多いからです。また、ストレスがある人、喫煙をする人、運動不足の人、足に痺れがある人も要注意です。



このような症状がある人は、動脈硬化の可能性があるので、早急に受診することをオススメします。
posted by ヘルスピープル at 13:55| 高血圧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月18日

高血圧 女性

女性と高血圧、実は深い関係があるのをご存知ですか?

一般的に男性よりも血圧が低く、あまり高血圧が問題になることは無いのです。確かに若
年の女性で血圧に問題を抱えている人は少ないと思います。

男性と女性、高血圧の頻度を比べてみると、30代〜40代は圧倒的に男性のほうが多いのですが、50代以降から女性も増えはじめ、70代以降では、男女ほぼ同じくらいになっています。


それでは、なぜ女性は50代以降から増え続けるのでしょう?それは、閉経によりホルモンバランスが崩れるからです。閉経前後は、高血圧になりやすいので注意が必要です。


また、女性は、妊娠中にも血圧が上がりやすくなります。妊娠中は、ホルモンバランスが変わりやすく、肥満にもなりやすいため気をつけることが大切です。


高血圧が進むと、妊娠中毒症になりやすく、太り過ぎないように食事制限をしなければなりません。

妊娠中は、高血圧になっても、降圧薬を使用するのは難しく、赤ちゃんの安全性を考え、使用する薬も限られてくるのです。



このように、女性は、ホルモンバランスにより血圧が上がりやすくなるのです。
posted by ヘルスピープル at 09:45| 高血圧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

胆石 症状

胆石とはどんなものかご存知でしょうか?


一度は聞いたことがあるかと思いますが、どのようなものなのか、どのような症状なのか知っておきましょう。



胆石とは・・・肝臓や胆嚢(たんのう)胆管にできる結石(石)のことを言います。


また、結石がどこにあるかにより名称も変わってきます。胆嚢結石、総胆管結石、肝内結石などがあります。また、それぞれ石の大きさ、数、溶けやすさ、壊れやすさなどそれぞれ特徴があります。



胆石の症状は、自覚症状がないようで、初期症状として、背中に違和感を感じたり、食後にお腹に不快感を覚えたり、軽い痛みがでたりするようです。

しかし、その痛みもしばらくすると消えたりするので、これが胆石の症状と分かりにくいようです。また、胆嚢内にとどまっている限り、なんの症状もでません。


この状態の胆石を無症状胆石と呼んでいます。ですので、人間ドックなどで胆石と分かる人が多いようです。



ひどいときは、激痛となり、発熱、黄疸がでたりするようです。発熱を伴う場合は、胆嚢炎や胆管炎を発症していることもあるようです。



胆石になってから初期症状がこれだったのかと思うこともあり、なにか違和感を感じたら早めに受診することが必要です。
posted by ヘルスピープル at 09:43| 高血圧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

動悸 原因

動悸とは、心臓の脈拍が自分で感じられる状態を言います。


動悸と一言で言っても、心臓がドキドキする感じや一発だけドキンとする感じなど様々あります。基本的に、動悸は自覚症状であって、他覚症状ではないのです。(自分にしか分からない症状)


動悸がしたからとむやみに心配する必要はありませんが、なにか病気が隠れている場合もあるので何か異常を感じたら受診することが必要です。


しかし、高血圧の症状でも動悸を感じることも多いといえます。この場合、高血圧の合併症として考えられています。

高血圧になると、心臓は高い血圧に打ち勝ち、血液を送らなければならなく、とても負担がかかります。

力を出すため左室の壁を厚くして、対応するのです。そのため、不整脈がでて、動悸の原因となるわけです。



高血圧の人で、動悸や息切れなどを感じた場合には、医師の診察を受けることが必要といわれています。ただの動悸と軽く考えていては、大変なことになりかねません。
posted by ヘルスピープル at 09:41| 高血圧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月15日

高血圧 むくみ

高血圧の症状に「むくみ」が見られることがあります。一般的に、高血圧でむくみが出ている場合は、塩分の摂りすぎが考えられます。


まず、むくみが起こる仕組みについて知っておきましょう!!

むくみとは、余分な水分や老廃物がうまく、体外に排出されず、皮下組織に蓄積し、滞ることにより起きるのです。

人間の体は、約60〜70%が水分で構成されていますが、老廃物は水分に溶けて体外へ排出されています。
高血圧によって、血流が悪化してしまうと、老廃物や水分がうまく排出されなくなり、むくみの症状が出るのです。

むくみが生じることにより、脂肪も蓄積されやすくなります。肥満は、高血圧を悪化させてしまう可能性があり、結果、悪循環になります。



むくみを予防するには、キュウリなどの緑黄色野菜や、昆布などの海藻類に多く含まれているカウリンを多く摂ることです。
カウリンは、体内の水分バランスを整える働きがあるので、むくみ予防に効果を発揮します。

また、大豆などの豆類に多く含まれるサポニンもむくみに効果があります。サポニンは、高い利尿作用があり、ありとあらゆるむくみに効果があるようです。


むくみに効果がある食品があるなんて知りませんでした。上手に摂ってむくみ知らずになりましょう!!
posted by ヘルスピープル at 10:09| 高血圧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高血圧 酢

酢には、高血圧を改善する効果があります。お酢は、体によいものと言われていますよね。


酢には、血圧を下げる作用があるからです。血圧を下げる仕組みは、アデノシンという成分によるものです。


酢を体内に摂取すると、酢酸が細胞に取り込みます。

すると「アデノシン」という物質が出てきます。


このアデノシンは、血管の壁に作用し、その結果、血管が拡張します。拡張するということは、血流の流れもよくなり、圧がなくなるので、血圧も下がるというわけです。


また、血圧を下げるには、一時的に酢を取り入れるのではなく、継続的に摂ることが、血圧の改善に繋がるのです。血圧の安定を図るには、毎日こまめにお酢を摂取することです。


気になる一日の摂取量ですが、大さじ一杯でいいので、これなら毎日摂ることができるのではないでしょうか?

また、酢は高血圧だけに効果があるのではなく、コレステロールを下げることにも効果があります。お酢は血圧を正常化するだけでなく、ダイエットにも効果があるのですね。



毎日、こまめにお酢を摂り、体内をコントロールしましょう!!
posted by ヘルスピープル at 09:54| 高血圧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夜間高血圧

血圧は1日の中で、上がったり、下がったりします。


正常であれば、夜に眠っている間の血圧が一日の中でもっとも低いのです。

睡眠中が安定した血圧状態と言えるのです。しかし、夜に血圧が下がらない状態になることがあります。これを「夜間高血圧」と呼びます。



また、夜間高血圧はタイプがあります。

夜間昇圧型・・・昼間より夜間のほうが血圧が高くなるタイプ
夜間非降圧型・・・夜間に血圧があまり下がらないタイプ



夜間高血圧の診断としては、上の血圧が120mmHg以上、下の血圧が70mmHgいじょうです。夜間の血圧は、家用の血圧計で測定しましょう。


また、夜間高血圧の場合、仮面高血圧の一種になる可能性もあり、高血圧も放置されることもあるので、とても危険です。


放置することにより、脳、心臓、腎臓などの臓器に負担がかかり、病気を引き起こしてしまいます。



もしも、あなたが夜間高血圧と診断されたのなら、医師のアドバイスをしっかり守りましょう。

また、夜間高血圧を早めに発見するには、朝や夕方だけではなく、寝る前にも血圧を測るように調べることが大切です!


なんでも、早期発見が肝心ではないでしょうか?
posted by ヘルスピープル at 09:46| 高血圧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高血圧 食事

高血圧の患者さんが何より気をつけたいこと、それは食事です。


運動とあわせて、食事の管理をちゃんと行えば、軽症の人ならば、薬療法が必要なくなるとも言われているほど、食事は大切です。

食事の管理で大切なのは、食塩を摂り過ぎないことです。食塩を摂りすぎると血圧は上昇します
。日本高血圧学会が推奨する摂取量は、1日に6g未満に抑えることと言われていますが、加工食品等を摂取する現代人には難しいこととも言われています。食塩の摂取を減らす為に以下の事に気をつけましょう。
  


・食塩を多く含む加工食品は控えましょう。(干し物、漬物、佃煮、肉加工食品)

・麺類のつゆは、飲まないようにしましょう。

・醤油、ソースなどの調味料は、使いすぎないようにしましょう。




また、高血圧の人に効果的な栄養素もあるので積極的に摂りいれましょう!


カリウム・・・ナトリウム(食塩)を排出してくれます。にんじん、などの緑黄色野菜に多く含まれています。

マグネシウム・・・血管を広げ、血圧をさげてくれます。海藻、ごま、ほうれん草、ごぼうに多く含まれています。

たんぱく質・・・血管を丈夫にしてくれます。



このような栄養素が含まれている食品を毎日の食事に摂りいれましょう。いろんな食品をバランスよく食べることが大切ですね。
posted by ヘルスピープル at 09:34| 高血圧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。