高血圧 改善

2012年10月19日

緊張 高血圧

病院などで血圧測定時に緊張してしまい、血圧が高くなるという人がいます。


この症状のことを『白衣高血圧症』と呼びます。自分の家で測った時の血圧は、正常ですが、病院で白衣を着た人に測ってもらうと高血圧になるという症状です。


よく、緊張することで、血圧が上がるということは知られているのではないでしょうか。



病院に来て、血圧が上がってしまうというのは不思議ですが、当の本人にとっては、大変なことだと思います。


症状としては、普段は通常の血圧なので、自覚症状はありません。しかし、緊張した時は、高血圧の症状の動悸、頭痛、めまいなどを感じることもあるようです。



この白衣高血圧症の診断方法は、家庭で測る自己血圧や、24時間自働血圧計での血圧値と、病院で測った血圧値とが、大幅に違うと言うことがポイントです。



はっきりとした基準は無いようですが、収縮期血圧で20〜30mmHg以上の差がある方が診断されるようです。




緊張して、血圧が上がってしまうことは仕方が無いことですが、予防として塩分を減らす食事を心がけることをオススメします。
posted by ヘルスピープル at 12:59| 高血圧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高血圧 アルコール

高血圧とアルコールの関係を知っているでしょうか?


毎日のように飲酒する人は、全く飲まない人に比べて10歳年上の人の血圧値だったことがわかっています。


習慣的な飲酒は、血圧を上昇させてしまうことが分かっており、高血圧の原因になると考えられています。


しかし、適量の飲酒は、血管を拡張させて一時的に血圧を下げることもあるのです。


なぜ、アルコールを毎日のように摂取すると、血圧が上昇するか?


それは、交感神経が活発になり、腎臓からカルシウム、マグネシウム、カリウムが失われたりするからと言われています。


また、お酒を飲む時に注意したいこと、それは、おつまみです。実はアルコールだけが悪いのではなく、おつまみの塩分が原因なのです。減塩のおつまみを心がけましょう。

そして、勿論のことですが、お酒は適量摂取を心がけましょう。一般的にビールなら、中ビン2本、日本酒なら2合、焼酎なら1.2合が限度とされていますので覚えておきましょう。お酒の量はほどほどに!!!
posted by ヘルスピープル at 12:58| 高血圧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高血圧 脳卒中

脳卒中による死亡者は、年間14万人にのぼり、癌や心臓病についで第三位なのですが、ご存知でしょうか?

入院患者数は約17万人、外来患者数は約13万人と年々増加しているのが原状なのです。


脳卒中は、血管の障害によって発症する病気です。血管の障害とは、血管内に異物が詰まってしまったり、血管が破けてしまうことです。こ


この原因には、高血圧が深く関係しています。脳卒中の一番の危険因子と言ってもよいのではないでしょうか。


血圧にも、脳卒中を起こしにくい値があり、正常値の120/80mmHg未満と言われています。高血圧とは、140/90mmHg以上のことをいい、この状態が続くと脳卒中になりやすくなるのです。


また、脳卒中の危険因子としては、高血圧のほかに、糖尿病、高脂血症(コレステロール)があげられています。


脳卒中の発症は、夏と冬の朝方に起きやすいといわれています。また、血管が収縮しやすいこれからの季節の冬は、温度変化に気をつけ、過ごしましょう。
posted by ヘルスピープル at 12:57| 高血圧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月16日

胆石症 食事

胆石症の予防の基本は食事と言うことをご存知ですか?

また、胆石症になってからの痛みは食事に左右されると言ってもいいようです。

ただ、食事に気をつけることで、あの凄まじい痛みをなくすこともできるなんて不思議ですよね。


食事で気をつけることは

・コレステロールや脂質を控える

コレステロールと脂肪は胆石症にはよくありません。脂肪を分解するのに胆嚢から胆汁がたくさんでます。胆嚢の動きによって疝痛発作が起きます。肉類を食べるのなら、魚類を食べましょう。

・規則正しい、食事を心がける

朝食を摂らないなど、不規則になると、胆嚢から出る胆汁も不規則になり、疝痛発作が起きてしまいます。

・ビタミン、食物繊維を多く摂る

ビタミンC、Eは、胆汁酸の排泄を増やしてくれます。食物繊維は、コレステロール値を抑えるのに有効です。


このように、食事療法は予防や、胆石症になってからもとても大切なことです。


※疝痛発作とは・・・結石が胆管に詰まってしまうことで、胆嚢の収縮と一緒に胆管におりるので、ものすごい激痛が走ると言われています。言葉を発することもできなくなる痛さです。
posted by ヘルスピープル at 16:16| 高血圧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

胆石症 治療

胆石症とは、肝臓の下にある胆汁を溜める袋(胆嚢)の中に結石ができる病気です。


胆石症の治療とは、根本的にこの胆石を除去することになります。


治療法は様々です。

まずは、口から薬を飲んで、胆石を解かしてしまう方法です。


経口胆石溶解剤を飲むからと言って、すぐに消えてしまうわけでは、ありません。


この治療法は、痛みなどの症状が無い場合に適しています。また、コレステロール胆石のみに使えます。この薬で、今ある胆石を解かすと同時に、新たな結石を防ぎます。



結石が大きい場合は、開腹手術になります。切開する傷は、15〜20cmほどです。以前は、これが主流でした。



現在、主流の方法は、体外式衝撃波破砕療法です。この方法は、メスを入れるわけではなく、体外から、胆石に向かい、衝撃波をあてる方法です。この方法にも、条件があり、大きさは30mm以下、個数は3つ以内と決められています。


このように、治療法も、個人の胆石によって違ってくるのです。
posted by ヘルスピープル at 16:15| 高血圧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

動脈硬化 原因

動脈硬化とは、血管の内側の壁に、コレステロールなどの脂質がこびりついて、血液の流れが悪くなり、血管が狭くなり、血管が硬く、もろくなってしまう病気です。


動脈硬化の原因はなんでしょう?


動脈硬化を引き起こす原因は、様々あります。三大危険因子と呼ばれる『高脂血症』『高血圧』『喫煙』です。

高脂血症は、血液中の悪玉コレステロールの中性脂肪の量が正常よりも多くなったり、逆に、善玉コレステロールが少ないことをいいます。悪玉コレステロールが多いと、血液中のコレステロールが増え、動脈硬化を進めてしまいます。


高血圧は、血圧の高い状態が続くと、血管の壁がもろくなり、動脈硬化が起こりやすくなります。


喫煙は、血液中の一酸化炭素の濃度が高くなり、血管の壁を傷つきやすくします。喫煙によっても、悪玉コレステロールの増加が加わり、血管を硬くもろくしてしまうのです。


このほかにも、肥満、ストレスなどの危険因子もあげられているのです。
posted by ヘルスピープル at 16:14| 高血圧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

産後 高血圧

産後の高血圧に悩む女性は少ないと言われています。


妊娠に伴う、高血圧は、妊娠20週以降に発症しやすくなります。


しかし、この妊娠中の妊娠高血圧症は、通常、出産後に自然と治ってしまいますが、一部の人では、高血圧の状態が続く人もいて、これを、産後高血圧と呼んでいます。


また、妊娠中には、高血圧ではなかった人が、産後に高血圧になる場合も、戦後高血圧と呼んでいます。



女性にとって、出産は一大イベントだと思います。

では、なぜ、産後に高血圧になるのでしょうか?


産後に血圧が上がる原因としては、慣れない育児による睡眠不足、疲れ、ストレスなどが影響している可能性があるようです。


ましてや、初めての子供だと不安になり、不安により一時的に血圧を上げてしまうことがあるようです。



また、妊娠中から高血圧が続いて産後も高血圧の場合は、もともと遺伝的に高血圧の人が多いと言われています。

いずれのケースも産後だから高血圧も仕方ないと受け止めるのではなく、治療を受けることが大切だと思います。


posted by ヘルスピープル at 16:13| 高血圧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月11日

高血圧 水

高血圧の人は水の飲み方に気をつけることで、高血圧の改善に繋がります。



人間の体は大半以上が水分です。この水分が不足してしまうと血液の濃度が高くなり、ドロドロになってしまいます。ですから、毎日、多くの水を摂ることで体外へ老廃物を排出するので、高血圧の対策にもなるのです。



また、就寝前に、水を飲むこともオススメします。

なぜならば、昔の人々は、就寝前に飲む水を「宝水」と呼んでいたようで、これは、就寝前に飲むことで、寝ている間に蒸発して不足してしまう水分を補う為に飲んでいたと言われています。



寝ている間にドロドロになってしまった血液により血管がつまり、発作が起きやすくなると言われているのです。


実は、就寝中、体の水分は予想以上に失われているということを忘れないで下さい。


血液の状態をよくするためにも、しっかりと水分を摂りましょう。血液の濃度を下げることにより、病気を防ぐこともでき、便秘解消にもなります。


1日に何回にもわけて、水を飲むことがポイントです。
posted by ヘルスピープル at 12:55| 高血圧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高血圧 診断基準

高血圧の診断基準を知っていますか?


1999年2月に世界保健機構(WHO)と、国際高血圧学会(ISH)により、新しい高血圧の定義が発表されてからは、それが診断基準となりました。


以前は1978.年に世界保健機構(WHO)が定めた基準が用いられてきたのですが、現在は、血圧値が以前の値よりも低く設定されているのです。


高血圧は、収縮期血圧が140mmHg以上、拡張期血圧は90mmHg以上と定められています。以前は収縮期血圧160mmHg以上、拡張期血圧95mmHg以上が高血圧とされていました。ちなみに現在の正常値は、収縮期血圧130mmHg未満、拡張期血圧85mmHg未満とされています。



また、高血圧にもグレードがあり、軽度ですと、収縮期血圧140−159mmHg、拡張期血圧90−99mmHg、中度は、収縮期血圧160−179mmHg、拡張期血圧100−109mmHg、重症ですと収縮期血圧180mmHg以上、拡張期血圧110mmHg以上と分類される事になりました。


ただし、この基準は、成人の場合の値なので、高齢者はこれほど厳しい値ではありません。高齢者は、成人よりも高い血圧なので、この基準を超えてしまいます。



この診断基準により、病気の発症を抑えられるのなら、少々厳しい値でも仕方が無いと思うのは私だけでしょうか。




posted by ヘルスピープル at 12:54| 高血圧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高血圧 自覚症状

高血圧は、自覚症状があまり無いといわれています。


サイレントキラーとさえいわれていることもあり、症状が無いのが特徴です。


サイレンキラーとは、沈黙の殺人者と訳されるだけあり、無症状が何十年と続き、その後に、動脈硬化、脳卒中などが発症してしまいます。


自覚症状があまりない中で、高血圧の基礎知識を学ぶことで、体に少しの異常や違和感などを感じたらすぐに受診することで高血圧に気付くと思いますので覚えておきましょう。


初期段階では、頭痛、めまい、耳鳴りなどの症状がでます。進行が進んでいる場合は、動悸、むくみ、足の痺れ、足の痛みなどの症状が現れてくるようです。



しかし、このような症状を感じるころには要注意な状態になっているので注意が必要です。


サイレントキラーといわれるだけあり、近年、高血圧の患者さんは増加しており、推定800万人以上の患者さんがいるとも言われています。



生活習慣病としても有名な糖尿病よりも怖い病気であるという結果もでているのです。高血圧の気付きにくい初期症状を感じて早期発見することが大切だと思います。
posted by ヘルスピープル at 09:04| 高血圧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

肥満 高血圧

肥満の人は、生活習慣病を発症させる確率が高くなります。


高血圧も肥満により、発生する確率が高くなります。では、なぜ肥満の人に高血圧が多いのでしょうか?


肥満の人が必ずしも高血圧であるわけではありませんが、発症率は肥満で無い人の2倍〜3倍も高くなるのです。


逆に、肥満の人が減量をすると、血圧が下がったという例は多く、肥満の人が1kg減量すると血圧は約2mmHg下がるとまで言われているのです。


肥満の人だと、循環血液が増え、心臓から血液を送り出す際に、大きな圧力が必要となります。


大きな圧力が必要ということは、血圧が高くなるということです。


また、インスリンに対して、抵抗性が高まり代謝が正常に行われなくなり、血圧を上昇させるのです。



また、肥満は、糖尿病を合併しやすく、動脈硬化の進行を加速させる危険性が高まります。



このように、肥満の人は通常の人に比べて高血圧をも発症しやすくなるのです。もともと、体に悪いといわれている肥満をなくすことが健康な体を維持できるのではないでしょうか。
posted by ヘルスピープル at 09:03| 高血圧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高血圧 利尿薬

利尿薬とは、より多くのナトリウム(塩分)や水分を尿として排出させ、血液量を減らして血圧を下げています。

高血圧の治療として降圧剤が処方されますが、利尿薬も処方されています。


利尿薬は、大きく分けて三種類あります。サイアザイド系、ループ利尿薬、K保持性利尿薬の三つに分けられます。


サイアザイド系利尿薬は、利尿作用は弱いのですが、降圧剤としては効果的です。


ループ利尿薬は、降圧作用は弱いですが、腎機能を悪化させにくく、むくみ等に効果的です。


K保持性利尿薬は、利尿作用も降圧作用も弱いといわれています。


また、種類によって副作用もあるようです。


そして、持続時間も薬によって変わっていきます。



また、利尿薬は、思うように血圧が下がらないと、追加で服用されることの多い降圧薬です。他の薬と併用すると、大幅に効果が増すので、とても重宝されています。ただし、痛風を患っている人は服用禁止です。




しかし、利尿薬が効きすぎると、頭痛、めまい、吐き気、のどの渇きなどの脱水症状を引き起こす可能性があると言われているので、脱水症状がでたら、直ちに病院へ行きましょう。


posted by ヘルスピープル at 09:02| 高血圧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高血圧 保険

保険を見直そうと考えた時、新規に契約する時に、気になることがあるのではないでしょうか。


高血圧になってしまい、治療をしていると、入れる保険があるのかという疑問をもつことだと思います。


しかし、高血圧で病院に定期的に行っていたりすると、高い入院と脂肪のリスクが伴ってしまうのです。


そのため、以前は、保険会社は契約できないということや、契約できても、高い保険料での契約や、死亡時に保険金を支払わないという不担保契約をすることになるのです。



ところが、今、高血圧の方でも、加入できる保険が多くなってきています。



理由としては、高血圧患者の増加や、医療技術の進歩、外資系の保険会社の参入による競争激化などがあげられています。高血圧患者さんにとっては、嬉しい話ではないでしょうか。



ですので、保険に入れないと嘆いていた昔と違い、どのような保険なのか、自分で選べるようになってきたのです。しっかりと、保険の勉強をして、吟味して自分にあった保険を選びましょう。


posted by ヘルスピープル at 09:00| 高血圧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高血圧 腎臓

高血圧の患者さんの約30%が腎障害を合併していることが報告されています。高血圧と腎臓は、密接な関係があるのです。



腎臓の働きが正常であれば、塩分も尿として排出されます。しかし、腎臓が悪い人は、塩分をたくさん摂りすぎてしまうと、水分が溜まり、足やまぶたにむくみがでてきます。



結果、血液量も増えるため、血圧が上がり高血圧になります。高血圧が長く続くと、腎臓への負担も増え、ますます腎臓の機能が低下することになるのです。




また、腎臓から分泌されるレニンという物質は、血圧を一定に保つ役割をしています。

しかし、腎臓の働きが低下すると、血圧を調整する働きは低下してしまい、高血圧になる傾向があるのです。



このように、腎臓は、血圧を保つ働きがあるのです。逆に、腎臓の機能を守るためには、血圧のコントロールが不可欠になります。また、一度、昨日が低下した腎臓を元に戻すことは困難ですので、早期発見が必要になります。



posted by ヘルスピープル at 08:59| 高血圧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高血圧 薬

高血圧を下げる為には、降圧剤が病院から処方されます。この降圧剤は、種類もさまざまあり、副作用が認められることもあるので、降圧剤だからなんでもいいというわけではないのです。ちゃんと医師の下、服用しましょう。

降圧剤には以下のものがあります。

カルシウム拮抗薬
これは、もっとも多く処方されている降圧剤です。血管の壁の中にある筋肉にカルシウムイオンが入っていくと筋肉が収縮します。ブルックすることで、筋肉を緩ませ、結果血圧を下げます。副作用は、動悸、頭痛、むくみなどがあげられています。

アンデオテンシンU受容体拮抗薬(ARB)
カルシウム拮抗薬に次いで、処方されています。血管収縮、体液貯留、交感神経を抑制し、血圧を下げます。この薬は、血圧を下げる他、心臓、腎臓、他にも、糖尿病の発症を抑制する働きがあります。副作用は上げられていませんが、妊婦、授乳婦は、禁止されています。


ACE阻害薬
ARBに似た薬です。しかし、腎蔵障害のある人は使用できません。また、副作用として有名なのは、空咳です。内服後、一週間〜数ヶ月以内に出現します。


利尿薬
日本では、処方される頻度は低いのですが、海外では多く使用されています。値段も安いので今後処方される機会が増えるのではないでしょうか。また、利尿薬の副作用として、代謝への影響があります。


β遮断薬
若い人に主に処方されたり、心不全の改善目的で使用されます。また、高齢者、糖尿病の方には、使用されません。
副作用としては、めまい、動悸、失神があげられていますので、少量から服用し始めます。


合剤
一種類の降圧剤では下がらないときに二種類、三種類と服用します。現在、処方される合剤としては

 利尿薬+ARB
カルシウム拮抗薬+ARB

このように、降圧剤にも種類があります。自分に合った降圧剤を処方してもらいましょう。

posted by ヘルスピープル at 08:58| 高血圧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月06日

脳卒中 前兆

脳卒中とは、脳の血管がなんらかの原因により詰まったり、出血したりして結果、脳の機能に障害がでてしまう病気です。



この脳卒中の症状は、突然現れるわけではなく、なにかしら前兆があると言われています。その前兆を知っておくことで、症状が現れた時に、対処できるようにしておくことで、最悪の症状を防げるのではないでしょうか。





初期症状

・ 顔、腕、足、手が突然しびれたり、脱力感を感じる。(体の半分)
・ 吐き気を伴う頭痛がする(ハンマーで叩かれたような痛み)
・ 突然、意識障害が起こる。
・ 話すことや、理解することが難しく感じる。
・ 両目だったり、片目が見えにくくなる。
・ 歩行障害、めまい、バランスがとれなくなり、運動障害が起こる。





また、脳卒中でも、脳梗塞、脳出血、くも膜下出血により、前兆も違ってきます。体に違和感を覚えたら、すぐに検査することをオススメします。




この上記の前兆は、すぐに消えてしまったりすることもありますが、症状が進行していくとも言われていますので、このような症状が起きたのなら、放っておかず、病院へ行きましょう。


posted by ヘルスピープル at 13:40| 高血圧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

糖尿病 血管

人は、年齢を重ねていくことで、見た目だけではなく体の中も老いってきます。


体内では、最初に血管から老いっていくと言われています。ですので、血管の状態は、その人の肉体年齢を表していることになります。


糖尿病になってしまうと、血管において深刻な問題が起きます。

そうです!!血管の老化が進んでしまうということです。



もともと、糖尿病は、血管内の高血糖が原因の病気です。



糖尿病により、その高血糖から血管が弾力性を失い、硬くなったり動脈内にさまざまな物質が沈着して、血管が狭くなったり、血流の流れが滞ってしまいます。(これが動脈硬化です)


血管内での症状なので、気が付かず、放置してしまい、血管がボロボロになってしまいます。



結果、糖尿病合併症を引き起こしてしまいます。合併症には急性合併症と慢性合併症があります。





このように、合併症のリスクを回避するために、適切な血糖コントロールを続けることが必要です。


糖尿病を甘くみてはいけないということですね。

posted by ヘルスピープル at 13:39| 高血圧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高血圧 運動

高血圧の治療には、運動が大切と言われています。しかし、なんでもいいからとやみくもに運動するのは、逆に高いリスクが生じてしまいます。高血圧の人に適した運動があるのをご存知でしょうか?



高血圧の治療効果をあげる運動とは、ウォーキング、水泳などの有酸素運動になります。



運動には、無酸素運動と有酸素運動があり、無酸素運動は、腕立て、腹筋など瞬発的に力を入れるもののことをいい、有酸素運動は、無理なくゆっくりと体を動かす運動のことを言います。


酸素を多く取り入れる有酸素運動は、血圧を下げることになります。



では、無酸素運動は、なぜ適さないのでしょうか?


それは、無酸素運動は、一時的に血圧を急上昇させてしまい、脳卒中を引き起こす危険があるので血圧の高い人は向いていないということになります。


運動で、血圧を下げる為には、長期間繰り返すことが不可欠になります。


三ヶ月で、10〜20mmhgの降圧の期待ができるとも言われています。また、有酸素運動は、1日に30〜60分を目安に行うと良いと言われています。



今日から、あなたも、有酸素運動を行ってみませんか?!
posted by ヘルスピープル at 13:38| 高血圧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月28日

脳卒中 後遺症

脳卒中で一番恐ろしいこと、それは発症後になんらかの後遺症が残ることです。


後遺症を克服する為には、患者さんを含め、周囲の人が前向きに頑張ることではないでしょうか。


それでは、後遺症はどのようなものがあるのか症状を知っていきましょう。

片マヒ、言語障害、視覚障害、感覚障害、情緒障害、失認、失行などがあります。

片マヒは、運動中枢や神経線維が傷害されて、片方の手足に麻痺が起こることです。左の運動中枢が傷害されると、右半身に麻痺が起き、右の運動中枢が傷害されると、左半身に麻痺が起きます。

言語障害は、脳の障害を受けた場所によって、症状が違います。視覚障害は、視野の片側半分が見えにくくなります。これを「半盲」といいます。

感覚障害は、麻痺のある手足がしびれることにより、痛み、熱さ、冷たさ、圧迫感を感じなくなるので、怪我をしやすくなります。

情緒障害は、やる気がなくなったり、落ち込んだりと、マイナス思考になってしまいます。実は、これも障害になるのです。


失認は、自分から見て片側半分の空間が認識できなくなり、この結果、片側のものを無視してしまいます。

失行は、日常生活において、ある行為ができなくなります。たとえば、服をきることなどあたりまえのことが難しくなります。このように、後遺症は様々あります。後遺症はリハビリを根気よく続けることで回復につながります。
posted by ヘルスピープル at 15:35| 高血圧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高血圧 若年

高血圧というと、年を重ねた中年から発症しやすいといわれていますが、最近では、若い人でも高血圧に悩んでいる方が多いと言われています。



これを「若年性高血圧」と呼びます。35歳以下であるのに、最高血圧が140mmHg以上、最低血圧が90mmHg以上である人を呼びます。



しかし、この若年性高血圧は、自覚症状がないのが特徴なので、気づかないこともあるようです。



なぜ、若い人に増えてきているのかというと、現代の10代〜20代は、精神的ストレスが多い環境で、それに伴い、運動不足、食生活の変化によるものです。



また、若年性高血圧の人の注意点は、急速に症状が進行してしまうことです。この場合、命に関わるほど悪くなることがあるようなのです。


こうならないためにも、若いからと油断せず、定期的な健康診断を行ったり、運動不足にならいないようにしたり、食事にも気をつけ、禁煙禁酒を心がけることが必要です。



若いからと言って油断していると痛い目にあってしまうのではないでしょうか
posted by ヘルスピープル at 15:34| 高血圧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。